冷たい熱帯魚

実話である埼玉愛犬家連続殺人事件を基に作られた作品。

元の事件自体がとてもセンセーショナルだったのだが、阪神・淡路大震災と、オウムの事件とが、ほぼ同時期であったために、必然的に話題になるのも少なかった事件。

この映画は、その後出版された「共犯者」という本をもとにしている映画だ。


なので、印象的なセリフは、実は実際に使われた言葉であったりもする。

でだ。
そう!そこが、怖いのだ。
この陰惨たる事件。
グロ映像。
物語としての付け加えもあるが、本当にあったことなのだ。

それを忘れてはいかん。

村田のキャラも、「共犯者」で描かれているそのまま。
あの人がよさそうで、ずけずけと入ってくる。
がははおじさん。
今までに一度はあったことのあるあのおっさん。

あそこまで、陰惨たる悪役は、レスターやら、ダークナイトやらいるが、ただし、だいたいどの悪役にも理由がある。
なにか奥深い理由が。
ま、もしくは、サイコパスで片づけられるか。

でも、このおっさんは狂ってると正直言ってしまえば楽にはなるが、サイコパスではない。
変な自分の価値観の元おこなわれる殺人。
そのほか。


死体に対する恐れのなさは、日本人にはないはずの感覚。
日本人には元来穢れの文化とでも言うべきものがある。
だから、塩をまいたり、お盆にはお参りしたり。
死体は穢れでしかないのだ。
死は穢れ。

それがない。
だから、考えられないくらいに恐ろしいのだ。

サイコパスでもないのに、悲しい深い理由もないのに、あそこまでの陰惨たる行動ができる。
そこが、おぞましさを感じる部分。

サイコパス映画は、偏見を増長させると思うので、嫌いではある部分もあるのだが、正直惹かれてしまう部分もある。

って、完全にちょっと関係のない話になりそうなので、元に戻すと。

この映画の肝はその実際の人物を誰が演じるかがとっても重要になってくるという部分。

そこで、この人。
でんでん。
なんでしょ。この人。
元々、今までの役柄も、人はよいのに、その人のよさには、嘘っぽさを感じるというか。
それが、この役にピッたし。

他の役者もすごい。
この役には、この人しかいないという感じがする。

好き嫌いは分かれる。確実に。

でも、この映画ここまでエロいだとか、グロイだとかの評判が多数ではあるが、実はコメディなのを忘れてはいけない。

この映画、ここまでグロくて、エロくて、普通の理解をしようとしてもできない感覚の持ち主ばかり出てくる映画ではあるが、コメディなのだ。

ここで、笑っていいのか?って、レベルで笑わせてくる。
ブラックジョークの宝庫。

細かいことを語るともっともっと長くなる。

ってことは、いい映画だったのだ。

ただ、だ!
ちょっと長い気がする。
コメディは、長くなればなるほど、だらける。
そこは否めない。
時間を感じるのは早いが、最初がだらだらしている感がちと長い。

ただ、後半好きなんだな。とっても。速度が変わるところとか。

映画として、ひとつの指標。
こまかいシーンが後にいきているのも含めて見事。
好き嫌い関係なく、映画としては、ほんと☆10個。

印象に残るシーン満載で。

やっぱ、「生きるっていうのは、痛いんだぞ!」にはやられるなあ。

最新のついーとはこちら。
http://twilog.org/entaland
[PR]
by entaland | 2011-02-15 23:23 | 映画


明日の事は明日考えよう


by entaland

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

メモ帳

カテゴリ

全体
音楽
映画
学校
危険な言動・・・
仕事
妄想
野球
スポーツ
自問自答
友と
笑い
アート

レジャー
フラッシュバック現象
エンタ!
余暇
日常
2007
2006
過去
2008
mixi
博多百年蔵
未分類

その他のジャンル

フォロー中のブログ

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧