人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ



まもなく、閉館が決まってしまった。シネリーブル博多駅にて鑑賞。

応援ソングなんてクソだと言い放つ、応援映画だ。

日常。普通に頑張って、毎日を少しでもいい方向へと転がるように頑張っている人々。

でも、現実。
お金。親。子供。常識。世間の目。上司。見えない未来。自分の能力。人間関係。
に、まあ、コテンパンに打ちのめされていく。
うちひしがられていく。

それでも、頑張ってやる!と。
なんとか、今をやってやる!と。
ロックンロールは、いつでも鳴り止まないのだ!と。
どん底から、這いつくばってでも、前へ進んでやると。
それが、ロックンロールなんだと。

簡単に言うとそんな映画。

最後のロックとのリンクシーンはたまらん。心の中に熱いものがあふれる感覚。

応援映画として、かなり素晴らしい。

落ち込んでる時こそ、見たら絶対元気になれる。

お勧めです。


ただ、まあ、かまってちゃんじゃなくてもよかったとも思えちまう作品でもある。
世に埋もれているだけで、ロックンロールは鳴り止まないっ!!テイスト名曲は意外にあるし、かえってかまってちゃんであるがためのジレンマもある。かまってちゃんに売れ線になれって命令が出るとか、無理だろうとしか思えない。

それは、かまってちゃんの知識があるからだとは思うが、の子が、売れ線かけるとは思えないし、声も、音も一般受けするレベルではないと、一回聴いただけでも思える。
そこが、魅力だからこそ。そう思う。

だから、POPなアレンジをしろっていったて、アレンジは意外にPOPなかまってちゃんだけに、ピンとこない。

かまってちゃんなら、ミドリの方がこの素材にはうってつけだったのでは?とも思える。
ま、後藤まりこがOKするとは思えないけど。


でも、それでも、かまってちゃんのロックンロールは鳴り止まないっ!!の持ってる楽曲の力は、そんな途中で感じる違和感すらどうでもよくなる。

かまってちゃんは、私のような学生時代を過ごしている今の学生には紛れもないスターなのだ。
私にとって、オーケンがそうだったように。向井さんがそうだったように。
その前。遠藤ミチロウ、町田町蔵のように。
そして、その後、峯田君。後藤まりこのように。
かまってちゃんは、切実に生きるべきか、死ぬべきかなんて考えながら、それでも、生きていかざるを得ない現実を戦うものたちへの紛れもない応援ソングになっている。

現実にこれでもかと踏みにじられて、現実に自分の理想は捨てざるを得ない。
それが、生きるということ。
生きるために、いろいろ妥協して、でも、今できることをやってやる!という気持ち。
これを忘れてはいけない。

遠くで、近くで、すぐ側で、ロックンロールは鳴り止まないっ!!

そう。ロックンロールを鳴り止ませてはいかんのだ。


by entaland | 2011-04-29 12:41 | 映画

東京タワー

こんな日が続いていると、ふと緊張の糸が切れた日に。それこそプツンという音とともに崩れる。

不安。緊張。あらゆる感情の起伏が不謹慎と言われそうだが、それこそ波のようだ。

何をするでもなく。
何をすればいいのかもわからない。
なんてったって。
正解がわからない。
誰もわからない。
だから、何をすればいいのかわからない。
何をしなくちゃいけないのかもわからない。
先生や親にあれしなさい。こうしなさいと言われると、とってもイライラしたりしてたけど、あれはとても楽なことだったんだ。

太陽はさんさんと輝くけれど、その奥には無数の闇が漂っているようなそんな気すらする。

混乱のさなか。
混乱にまみれる人もいる。

なんだか、今日は素直に電車で帰宅する気すらなくて、とぼとぼと歩いている。
大都会。
ここにいろんなものを夢見てきた。
何でもあるような気がした。

正しい街にはない。
不純さも。想像もできないような未来も。

そして、ここで愛する人を見つけ、愛する人が増えて。
ここで、一生暮らしていくのかななんてことすらも現実あるこれからの生活としてみえてきた。
ような気がしていた。

何ができるんだ。
今までしてきたことは無意味だったのか。
自分のしてることに、やってきたことに確信なんてもてるはずなんてない。

毎日の人間関係に悩んでいたことも、今はあああれでかなりましな日常だったんだなんて、そんな風に思ったり。

きっと、今のおれはあれだ。
泣き笑いしそうなよくわからない表情をしているだろう。
泣きたい。叫びたい。もっともっと笑いたい。


歩く。目的地なんて、自然と家の方へ向かっていると思っていたのは自分だけで、足はその意識とは関係なく前へと進んでいたらしい。
ふと、目の前を見ると、見慣れない景色。
そして、どこか懐かしい風景。

目の前には巨大なこの大都会の中心。
コンパスの中心だってなんかの本で言ってた。
赤い色。
今は少し明りも消えてる。
そして、もう少しで役目を終える予定だった。東京タワーが目の前にどどんと存在していた。

ああ、そう。
これが東京だったんだ。
思わず、上を見上げる。
思い出す。このタワーに昇ったこと。
上から見る景色。



東京タワー フラワーカンパニーズ 歌詞情報 - goo 音楽


明日何が起こるか分からない。
すべてが最悪な方へ流れていってしまうのかもしれない。

でも、それでも、やるしかない。
そう。やるしかないのだ。

家に帰ったら、こどもたちにパパだって怖いんだって言ってみよう。
子供たちを怖がらせるかな?
でも、言おう。一緒に怖がろう。
それでも、やるしかない。そう言ってあげるんだ。
怖いけど、でも、目の前の日常をしっかりと生きていかないといけないんだ。
それが、お前たちを守るってことなんだ。

明日になれば、気持ちも変わっているかもしれない。
そしたら、また明日思った事をいえばいいんだ。

今年の正月。
今と同じ気持ちになれたか?いや、なれない。
明日が今日と同じ毎日だなんてもう思えない。
今感じたことがすべてだ。
何が間違いで、どれが正解かなんてわからん。
でも、やるしかないんだ。
その場で思いつく限りの、正解を信じて。

やるんだ。愛すべき人がいる。
守るべき人がいる。
だから、やる。


東京タワーの鉄塔に思わず抱きつき、それは、おそらく木にぶら下がるコアラなんてものでもなく、木で餌を食べてるカブトムシみたいな。そんな感じだったとは思うが、抱き締めた。
この俺よりも何千倍とでかいこいつを。
力いっぱい抱きしめた。

「今日もありがとう。明日も。それ以後もやってやろうな」

東京タワーは、悠然と都会を見渡している。

お前が頑張っていれば、俺も頑張るよ。


いつか、もっともっと笑えるために。
by entaland | 2011-04-13 00:07 | 妄想


明日の事は明日考えよう


by entaland

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

メモ帳

カテゴリ

全体
音楽
映画
学校
危険な言動・・・
仕事
妄想
野球
スポーツ
自問自答
友と
笑い
アート

レジャー
フラッシュバック現象
エンタ!
余暇
日常
2007
2006
過去
2008
mixi
博多百年蔵
未分類

その他のジャンル

フォロー中のブログ

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧